Blasterウイルスの恐怖

Windowsマシンには基本的にDCOMサービスとしてポート135が開いているのだが、このサービスに大きなバグが見つかり、外部から攻撃できるということが分かった。
早速、それを利用したBlasterというウイルスが作られ世界中に広がっている。
また、ウイルス以外にも攻撃ツールが出回っており、アップデートせずにインターネットにアクセスしているとあなたのマシンは知らないうちにフォーマットされているかもしれないぞ。

会社からのアクセスでなければ出るのは接続情報まで。
IPから出る情報で必要以上に怖がることはない。
また、BlasterはWindows updateをかけることにより対策できるが、亜種が多く、油断は禁物。
秘密の催眠療法 REDLIGHT 漫画の違法アップロードファイルなどは、ウイルス感染の危険性が高いので特に注意したい。