赤ちゃんが熱を出した時の対策

熱があると体がほてるので、熱くなりすぎないよう、衣類や寝具を調節します。
高熱が出ている時は、水枕やタオルで、頭やわきの下、足の付け根などを冷やすとよいでしょう。
また、汗をかくので、こまめに着替えさせ、水分補給にも十分注意します。
金剛筋シャツの効果は嘘?気になる口コミを調べてみました

気温の変化や、ほこりなどのちょっとした刺激でせきが出ることがあるので、機嫌がよく元気なら、あまり心配はありません。
一方、呼吸が苦しそうになり、ぐったりしたり、唇や指先が紫色になるチアノーゼが出たりした場合は、大至急病院へ。

また、突然せき込み、苦しそうにしている時は、何かを飲み込み、のどに詰まらせていることがあるので注意が必要です。

せきが出る時には、部屋の空気を清潔にし、やかんで湯気を立てるなど、湿度を高めに保ちます。
喉を湿らせると苦しさが和らぐので、飲み物を与えましょう。

赤ちゃんの胃はまだまっすぐで、入り口もしっかり締まっていないため、ちょっとしたはずみで吐くことがよくあります。
美爽煌茶(びそうこうちゃ)は危険?口コミの真相は

Written By marvetx