ある公益法人が進む方向

marvetx 15 11月 , 2015 0 Comments 未分類

「冒頭の話とリンクしますが、日本のコンテンツは安くて質もいいんですよ。
そして著作権は守ってねという運動をやりたいんです」
「社団法人であるより、官僚になって行政側に入っちゃった方がよかったんじゃないですか?
その辺の法制化とかもやりやすいんじゃないですか」
「確かに、若い官僚たちがそういう政策を立てどんどんいい法律を作ったら、
基本的には法律を作るのは官僚ではないけれど、この国は変わるかもしれませんね。
でも、社団法人の方が都合がいいんです。
権利者ともユーザーとも情報交換しながら、発言できるから」

国を変えるほどの力は日本のコンテンツにはないような気がしている私はここのところ、
デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 神寺千寿 画像の魅力のとりこになってしまっているのだ。

シャアウェア作家がACCSに加盟することは可能?

marvetx 12 11月 , 2015 0 Comments 未分類

「もっと世界中に日本の文化を知らしめていきたいと考えた時に、著作権法という法律は強い味方になるわけです」
「ちょっと違う話かもしれないんですが、日本ではクリエイターの権利って会社に持っていかれがちだと思うんです」
「法人著作の場合はほとんどそうですね」
「例えばシャアウェア作家の人がACCSに権利者として加盟するというのも可能なんですか?」
「全然構わないですよ。会費は一番安い団体で、年間20万円ですから」
「シェアウェア作家で年間20万円の売り上げがある人っていうのは数少ないですね。
まあ、代わりに刑事手続きだけやってくれるのなら、いいかもしれないですが」

シャアウェア作家とは儲からないものなのだなと驚いている私はしばらく前から、
馬プラセンタサプリ 比較を自分でもやってみたいと思うようになった。

パソコンソフトの著作権侵害をめぐる問題

marvetx 08 11月 , 2015 0 Comments 未分類

「技術というのはどんどん発展していくわけで、そこをどうやって調整していくかということなんです。
無料登録 スマホPC オンラインエロゲの件は一旦置いておいて、技術を使うのは人間だというところに戻らないと、
技術のせいにばかりはしていられないですね」
「ただ、現状では『これはコピーして良くて、これは悪い』という状態ですよね。
モラルって基本的に、『これはダメ』というはっきりしたものがなければ、伝わらないじゃないですか?」
「そこがやはり複雑な社会になってるんですね。
Winnyのようなファイル交換にしても、技術自体に違法性があるわけではない。
その技術をどう使うかというところが問題なわけで、違法行為に使うのか、正規に使うのかは使う人次第です」

巨大掲示板の削除人について

marvetx 05 11月 , 2015 0 Comments 未分類

2ちゃんねるで日々削除活動にいそしんでいる削除人。
いったいどんな人たちが削除人になっているのでしょうか。

「早く消せやゴルァ!!このクソ削除人が!!」という書き込みをたまに見かけますが、
削除人さんは任意で2ちゃんねるの削除活動をしている人たちです。
削除に関して何の責任も義務もありません。
もちろん削除人さんたちは、それを職業にしているわけではないので、それぞれの仕事や私生活があります。
削除されなくてもマターリ待ちましょう。

削除人になりたい人は数多くいますが、「なりたい」という理由だけでは削除人にはなれません。

なりたいとは思いませんが、ボランティアで判断の難しい作業を行っている人はえらいなと思う私は最近、
俺得修学旅行 男は女装した俺だけ!! 奥森ボウイの魅力を誰かに伝えたくなりました。

耳袋秘帖シリーズ

marvetx 30 10月 , 2015 0 Comments 未分類

元々日本史が好きなので、歴史小説も合わせて読むことが多いです。

実在をした人物のフィクションということで有名なのが、テレビドラマにもなった、鬼平犯科帳だと思います。

映像化されていなくて、人気がある時代小説といえば、根岸肥前守が主役になっている、耳袋シリーズだと思います。
殺人事件シリーズと耳袋秘帖シリーズがありますが、これが両方とも面白いのです。
映像化をしてほしいなとは思いますが、ぴったり合うような俳優さんが中々思いつきません。

不思議なお話には必ず裏、からくりがあるというものなのですが、
その世界観に引き込まれてしまうので、あっという間に読んでしまいます。
日本史が苦手な人であっても楽しく読める作品だと思います。

そんないつか耳袋シリーズが映像化されることを願っている私は最近、
ヤれる子電車エッチ 青水庵 まろん☆まろんを密かに愛読しているのです。